学習記録

8月26-28日 学習

「接着剤」対訳取り第二弾 (明日には終わりそう!)

新 物理の散歩道 ① P13-136

 

 

特許明細書の審査官がどういう経歴を持った人かわからないですけど、

やっぱりすっきりした読みやすい文章のほうが、

理解してもらいやすいですよね。

昨日も弁理士の方のブログを見つけて少し読みましたけど

言っていることは

明細書が言いたいことをよく理解して、訳すこと

わかりやすく

だと思った。

訳は間違ってないかもしれないけど、理解しにくい文章が多いのかも。

確かに、言いたいことはわかるけど、それをうまく日本語の文章に

しようとするとすごく時間がかかってしまう。

 

これが文章力が無いってことでしょうか!部長!

個人的にお手本にしたい明細書があるのですが、残念ながら

翻訳されたものではないのです。日本語の対訳がこれくらい

するする頭に入ってくる英語の明細書、早く見つけたいな~

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中